会社概要


お気軽にお問い合わせ下さい!

【会社名】相川商事株式会社
【役員】 代表取締役 相川泰宏
【創業】 1969年(昭和44年)創業
【所在地】東京都墨田区本所3-14-4
【資本金】40,000千円
【従業員数】11名
【本社】〒130-0004
東京都墨田区本所3-14-4
TEL:03-3622-0679
FAX:03-3622-0684
【支店】AIKAWA CO., LTD. ITALY OFFICE
Via Salvo D'Acquist,17
Castelfranco di Sotto,PISA ITALY
TEL&FAX:0571-471240

イタリア支店情報

Repubblica Italiana

Repubblica Italiana

平成14年4月にイタリアに駐在事務所を開きました。
イタリアよりニーズを先取りするように心がけ、最新のヨーロッパトレンド、新しい技術を入手するように心がけています。
相川商事は、デザイナーのニーズにあった革を、探し提案しています。
年2回開催されるイタリアの国際皮革見本市にも足を運び革を一枚一枚チェック。
自信を持って提案したいから、実際自分の指で触れ、キズや虫食いなどがないかを丁寧に確かめます。
こうして、革の良し悪しを見極め、高品質の革をお客様に提案しています。

Repubblica ItalianaRepubblica ItalianaRepubblica Italiana

イタリア駐在事務所はトスカーナ(サンタクローチェ)地方にあります。
この辺りは革の工場がまとまっているので、工場との打合せや検品、確認などタイムリーに行えます。
住所:(ピサとフィレンツェの中間にございます)

AIKAWA CO., LTD. ITALY OFFICE
Via Salvo D'Acquist,17
Castelfranco di Sotto,PISA ITALY
TEL&FAX:0571-471240
Repubblica Italiana 最新情報はこちらをクリック!

TORNAT

TORNAT トルナット

TORNAT トルナット ECOLOGY LEATHER

『トルナット』自然(Naturale)に還る(Tornare)デザイン性にも優れた、これからの皮革。

人類の歩みとともに私達の暮らしを静かに支えて来た自然素材としての皮革。この皮革のもつ美しさと機能性は、室内装飾や家具・衣服・靴・鞄など、私達の生活シーンのなかで広く親しまれてきました。
トルナット、それは「消費者の安全と健康への配慮」「製造工程での環境への配慮」「廃棄・リサイクルへの配慮」の三つの要素を満たします。より自然に近いオーガニックタンニングの製革工程により、国際統一規格であるエコテックススタンダード100の認証を取得した新時代の皮革。
独自の研究開発の積重ねのなかで、これまでの国内クロムフリーの分野では実現出来なかった、豊かな色彩と素材感で魅力的な製品展開を可能にする皮革を実現しました。

Human Ecology 消費者の安全と健康に配慮した製品

・クロムを含有しない。
・革らしい風合い、質感があり、豊かな発色表現が可能。
・アレルギーを起こす染料を含まない。
・汗による重金属の溶出は、飲料水に関する法規制以下。
・殺虫剤の量は、果物や野菜に関する法規制以下。
・ホルムアルデヒド(FA)の遊離量は、法規制以下。
・堅牢度が高い。

Production  Ecology 生態系に配慮した製造

・発ガン性の染料を含まない。
・重金属の使用を最小限に抑える。
・PHを中性に保つ。
・悪臭を出さない。
・VOC排出問題の極小化。

Disposal  Ecology 環境に考慮した廃棄

・一般ゴミとして焼却処分を可能にする。
 (当社データに基づく。有害金属を含まない。)
・6価クロムに発生を防ぐ。
・ダイオキシンの発生を抑制。
・土に戻せる・(肥料等の土壌改良剤として研究中)

世界統一規格である「エコテックス規格100」を取得しています。

繊維関連の有害物質に関する国際的な法規制の中で最も高いレベルでの国際安全規格を作成、統一した世界統一規格である「エコテックス規格100」。
トルナットはこの信頼性の高い規格の厳しい試験規制値をクリアした皮革で、商品タグにも信頼の証明としての「エコテックス規格100」のロゴマークが記載されています。

ニッセンケンホームページエコテックスホームページ
工業用トルナットのページはこちら

工業用トルナット

工業用・TORNAT トルナット

クロムフリー・トルナット

今世紀に入り、「世界の気候や環境維持への配慮」は、ますます重要かつ不可欠なキーワードとなってまいりました。
「再利用可能で環境にやさしい皮革を、従来の高級感ある美しさのままに。」

ここに近年需要が高まりつつある、カーシートレザーの新たな製造方法を調査し始めた私達の基本姿勢があります。
その実現のための最良と思われる方法に、古くなったり、使用できなくなったものを再利用するリサイクル、そして新たな魅力ある素材としての再構築の可能性を促すリノベーションの発想があります。(従来、自動車産業に使用されてきた皮革は、通常クロムなめしによるものでリサイクルは不可能です。)
この基本姿勢のもとに、私達は市場にある様々な化学薬品を何年にも渡り研究してきました。膨大な数にのぼるデータベース蓄積の結果、ごく最近になって、全てのテストの要求に対応した美しい皮革の製造プロセスを達成することが出来ました。

技術的な話になりますが、なめし工程を成し遂げるために、我々は改良されたアルデヒドと「新しいなめし薬品」の結合プロセスを用いました。これにより、なめされた革は、後に続く機械的工程においても容易に扱えるようになりました。なめし後の廃液はフェノールやホルムアルデヒドを含まないため、容易に扱え、且つ処分も簡単です。
「The Shavings(厚み調整のため削られた革の屑)」も処分され「準合成皮革」として再利用されています。そしてなめされた革は通常のプロセスにより、再なめし、染色、仕上げ工程と進みます。
さらに、このトルナットの重要な特徴は、人体の健康に与える影響が非常に少ないことです。
例えば、近年より多くの人がクロム処理されたものや、有害な化学物質に敏感になっています。
この新しい技術を利用することによって、そういった問題が減少し、またカーシートレザーを利用する人々の生活クオリティーは安全に守られていくでしょう。

工業用トルナットとしての試験データはこちら

mastrotto(マストロット)カラーカタログ

環境革 トルナットシリーズ 

Fペルー            

                 パテシオ

                 リム

インドゴード          インドゴード

 バルーン

詳細に関しましては、お電話またメールにてお問い合わせ下さい。